離婚調停の基礎知識や費用、そして調停の流れや手続きの進め方を公開、損をしない別れるコツとは・・・・
離婚調停の基礎知識から損をしない離婚調停の進め方
スポンサードリンク

トップページ

離婚調停とは夫婦の関係を継続することができなることで、主な原因としては価値観の違い、子育てについての考え方の違い、嫁姑問題等が主な原因です。

離婚をすることは決定したが離婚後の環境をどのようにするかを国の機関である家庭裁判所で行われる家事調停で司法の判断を仰ぎながら和解を進めていくというものです。
離婚調停とは

離婚件数

厚生労働省が発表している平成22年の離婚件数は25万1千件です。
(総務省統計局推計の同日現在総人口(概算値)から、人口動態・保健統計課で試算)

うまい離婚の方法

離婚方法うまい離婚の方法としてはやはりご自分の希望する結果になることが一番です。なるべく希望を主張し自分ができる範囲のことを述べるといいでしょう。 離婚調停当日はご自分の主張をはっきりと調停委員に伝えて申請した内容と異なるような発言は控えましょう。

これは委員が事前に提出された書類を見てどういうアドバイスをするか考えていますので、違う発言が出てきた場合は考えを改めなければいけないこともあるので気をつけましょう。一貫性を持ち続けて私はこうしたいと伝えて下さい。

調停は夫、嫁と別々に発言するというのが大原則です。よってあまり緊張せずに場に飲み込まれないようにご自分が主張することは申請書のコピーを見ながらでも事前に用意してきた書類を見ながらでも伝えたいことをはっきり伝えて下さい。

調停調停は双方の言い分を30分程度委員が聞き、このことを何度も繰り返しますので所要時間としては2時間程度かかります。この2時間で殆どのことが決まると言っても過言ではないのでご自分の希望通りになるように頑張りましょう。

離婚調停費用

費用ご自分で調停をする場合にかかる費用は

  • 収入印紙代900円
  • 郵便切手代800円(裁判所の管轄により若干異なります)

その他、事前に役場で戸籍謄本を取るよう場合は別途かかります。

最近では弁護士に依頼することなくご自分でやられる方が非常に増えているので、裁判所の方に進め方を聞きながら適切な方法を選択するのがよいでしょう。

離婚調停費用の違い

離婚調停をする際に先ず考えるのはご自分で裁判をするか弁護士に任せるかを考えなければいけません。

以前は弁護士に頼む方が圧倒的に多かったのですが最近では費用が高額になることやご自分でも申請できるスキルのようなものがありますので、自分で申請する方が多く相手も自分だけで調停に来ることが多いです。

弁護士が依頼を受けた場合の基準料金というのが平成16年4月まではありましたが、今現在は個々の弁護士が自由に料金を決めてもよいということになっています。

各弁護士事務所には事務所単位での料金表がありますので、料金表を基準に成功報酬までとなると合算していくらかかるかしっかり聞いておきましょう。→離婚調停費用

離婚調停の流れ

  • 離婚調停の流れとしては
  • ご自分が考える決着方法を考える
  • 費用的にいくらくらいかかるか調べる
  • 調停を自分でするか弁護士を頼むかを決める
  • 裁判所を探す
  • 裁判所に調停の申し立てをする
  • 離婚調停の裁判をする
  • 決着

上記が一般的な進め方になります。 →離婚調停の流れ


新着情報&トピックス

bottom